ラザロ 沈黙の愛

 ラザロ 沈黙の愛

著者 アレクサンダー・ホワイト
訳者 白崎佳孝
監訳者 青木武司
発行所 アクラとプリスキラ舎
発行日 2001年1月15日 初版
価格 160円 (税・送料別)
装丁 A6版24頁 小冊子
 
 
 紹介
そのようなわけで、イエスは、ラザロが病んでいることを聞かれたときも、そのおられた所になお二日とどまられた。(ヨハネ十一章六節)
 この聖書の箇所は読む者に戸惑いを感じさせる。愛する者の病気の知らせを聞いて駆けつけない者はいない。しかし、主イエスはなお二日同じ場所にとどまり、ラザロが確実に死へと向かうのを待たれた。 「イエスは涙を流された」――聖書の最も短い一節(英語ではわずかに二語)は、このラザロのために書かれた。主は、ラザロが眠る墓地に向かい、悲しみに沈み、何を見られたのか? 著者はイエスの涙の因(もと)を解き明かす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>